06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2018-07-10 (Tue)
観に行きたかったのに行けなくて。
やっとレンタルで観た。
で、結局、好きすぎて買った。
超ゴキゲンなミュージカル映画♪♪♪

ぼ~っと観始めて、え!・・ってなったもんね。
冒頭からガッシと心鷲掴み!
そしてそのまま最後まで、私は夢中~♪

歌もダンスも、ホントにすごい!
出演者全員、めちゃめちゃカッチョいい~♪
“オンリー・ワンの個性を持つ人たち”の、力強く生きる姿に、泣く。

『A Million Dreams』が好き♪
『Come Alive』と『Rewrite The Stars』も♪
『This Is Me』が、すごく好き♪これは号泣もの!

てか、全部いい。うん。
何もかもが、素晴らしかったです。
もう本当に、この映画好きすぎる。
100万回観たい♪♪♪

違っててもいいって、素敵!


タグ: ヒュー・ジャックマン  ミュージカル 

* Category : 映画・DVD
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

承認待ちコメント * by -

個別記事の管理2018-07-07 (Sat)
『シェイプ・オブ・ウォーター』、観ました。
声を出せない孤独な女性と異形の生きもの(半魚人)のお話。

ラブストーリーなんだけど、ファンタジーなんだけれど、キラキラしてない。
すんごいダークで、エロくてグロい。
だけど切なくて優しい、素敵な愛の物語だった。美しい♪
ラストシーンに、泣く。。。

人にはありのままの自分を受け止めてくれる誰かが必要なんだよね。
つながる心に言葉はいらない。
愛は全てを超えていく。。。


タグ: 

* Category : 映画・DVD
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-07-05 (Thu)
著者 : 福岡伸一 / 文藝春秋

『週刊文春』に連載されていたコラムをまとめたもの。
修行時代の母校であるロックフェラー大学に客員教授として滞在していた2年間の、ニューヨーク生活のお話。

サクサク読めて、面白い!
セントラルパークでの虫捕りを私もすごく楽しみにしながら読み進めたのに意外な結末が待っていて、笑った。
ニューヨークにもスーパー銭湯があるなんて、ビックリ!
生命科学のお話は興味深く、最初から最後まで、とても楽しい本でした。

タイトルがいいよね!すごく好き。
私も、変わらないために変わり続けたいな♪


タグ: 福岡伸一 

* Category : 福岡伸一
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-05-24 (Thu)
著者 : 谷川俊太郎 岩瀬成子 江國香織 今江祥智 川上弘美 その他 / 講談社

13人の作家による、佐野洋子さんの名作絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート短編集。

江國香織さんの『生きる気まんまんだった女の子の話』と、くどうなおこさんの『インタビューあんたねこ』、広瀬弦さんの『博士とねこ』が、好き。
川上弘美さんの『幕間』に笑った。

みんな、『100万回生きたねこ』が大好きなんだなぁと、思った。
私ももちろん、大好きだけど♪

猫とか。愛とか。生と死とか。


タグ: 

* Category : 小説
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-05-09 (Wed)
著者 : 宗像 充 / 旬報社

ニホンオオカミはすでに絶滅したとされているけれど。
今もニホンオオカミを探し続けている人たちがいて、今でも目撃情報が絶えないんだそう。
ニホンオオカミのついての科学的なお話や歴史等、興味深く読みました。

著者である宗像さんの、「重要なことはわからないことを知ろうとする姿勢であり、わからないものはわからないままにしておく勇気」という言葉が、印象的だった。
私も、強くそう思う。
ニホンオオカミが絶滅したかどうか、本当のところは、誰にもわからないんじゃないのかな。

もしかしたら、いるかもよ?
うん、いるかも♪
きっと、いる!
そう思えるだけの説得力が、この本にはありました。
かな~り面白かったです!

秩父に行きたい。
また三峯神社に行きたいな~。
お犬さまLOVE♪(*'ー'*)


タグ: 宗像充  ニホンオオカミ  オオカミ   

* Category : ノンフィクション
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-04-11 (Wed)
著者 : こいしゆうか 鈴木知子 / サンクチュアリ出版

初心者向けのデジタル一眼レフカメラの入門書。
マンガで説明されているのでサクサク読めてわかりやすいです♪
難しいことをいっぱい覚えなくても大丈夫なんだ!と思えたことが、嬉しかったかな。
カメラ、超楽しそう~♪

最近はスマホでずっと写真を撮っていたけれど。
私もカメラはじめたいなー♪♪♪


タグ: こいしゆうか  鈴木知子  デジタル一眼レフ  写真 

* Category : いろいろ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-04-03 (Tue)
『ドリーム』、観ました。
NASAのマーキュリー計画を支えた3人の黒人女性たちの物語。実話。

これ、とても気持ちのいい映画だった。
人種差別や女性差別の激しかった頃のお話なのに重くなりすぎないところも、すごくいい。
明るくて、パワフルで、爽快!
逆境に屈しない逞しさに、勇気をもらう♪
観て良かった。
元気出た。うん。

強くて賢い女性に憧れる。
私も、逞しくありたいな♪


タグ: タラジ・P・ヘンソン  実話  人種差別 

* Category : 映画・DVD
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-03-14 (Wed)
著者 : 桜木武史 / アルファベータブックス

日本人ジャーナリストによる、シリア内戦のルポ。
2012年から2015年にかけて5度に渡りシリアに足を運び、内戦下で暮らす人々の声に耳を傾け、共に時を刻んだ、その記録です。

桜木さんの人柄によるところも大きいのかもしれないけれど、桜木さんが出会うシリアの人々はみなさん親切で、優しくて・・。
だからこそ余計に、シリアの惨い現実を思って切なくなる。
反体制派の戦闘員の想いと、死に、泣く。
悔しいよね。。。

ずいぶん前に購入してなかなか読めずにいたんだけれど、読めて良かった。
タイトル通り“声”が中心に描かれていて、シリアの人々の想いに触れることのできる本でした。
桜木さんが彼らと共に過ごした時間は、とても濃かった。
内戦下で暮らす人々の姿を、一人ひとりの想いを、忘れずにいたい。
命がけで取材し伝えてくれた桜木さんに、感謝します。
知るって、とてもとても大切なことだから。

シリアの内戦はこの3月で8年目に突入する。
反政府デモが開始された2011年3月15日以降の犠牲者数は50万人を超えるともいわれてる。
反体制派の拠点であるために政府軍に包囲された東グータでは、この3週間だけで1000人を超える犠牲者が出た。
停戦合意も守られず空爆は続き、今この瞬間にも人々が、子どもたちが、シリア政府軍とロシア軍に殺され続けている。
こんなことが、許されていいはずがない。
惨すぎる。。。

恐怖と絶望の中で、それでも人々は必死に生きている。
世界に向けて、自分たちの窮状を訴え続けてる。
私たちは、いつまでその声を無視し続けるんだろう?
シリアで起きていることを、知ってください。

どんなに声を上げても助けてもらえない、その絶望が、あなたにはわかりますか・・?


タグ: 桜木武史  シリア内戦  戦争 

* Category : ノンフィクション
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-02-20 (Tue)
著者 : コムストック・グループ編集 / 徳間書店

映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の公式フォトブック。
ボブの初めての写真集。
映画の感動シーンや来日時のお写真等、可愛いボブがいっぱいです♪

ボブが好き!大好き♪♪♪(=ΦωΦ=)


タグ:    ボブ  ジェームズ・ボーエン 

* Category : 写真集
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2018-02-14 (Wed)
著者 : ジュヌヴィエーヴ・カスターマン / 千倉書房

カンガルー夫婦の物語。
夫カンガルーから認知症になってしまった妻カンガルーへの、永遠のラブレター。。。

タイトルに惹かれて買ってしまったんだけれど。
本当にとても温かで、とてもとてもせつないお話だった。
おいおい泣く。
夫カンガルーの頑張りに、妻への深い愛に、胸がいっぱいになる。

「よし
きみが忘れたことのすべてを
僕が覚えていよう!

きみの笑顔と
やさしさと
温かさと

きみと共に生きることができた奇跡へ
僕の一生の感謝を込めて」

共に生きるって、こういうことなんだろうなと思った。
こんな風に誰かと共に生きられたら幸せだろうなと、思った。
こんな風でありたいと思った。
挫けそうになる日があっても挫けることなく、最後まで寄り添い続けられたらと。。。

翻訳はさだまさしさんです。
介護の過酷さについても考えさせられる絵本でした。
淡い色合いの優しい絵も、とても素敵♪


タグ:    ジュヌヴィエーヴ・カスターマン 

* Category : 絵本
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |