Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page » Next
2020-06-26 (Fri)

感染症の世界史

感染症の世界史

著者 : 石 弘之 / KADOKAWA難しすぎることもなく、サクサク読めます。感染症は、私たちにとっての脅威。これまでも、これからも、ずっと。。。環境破壊や食肉の大量生産、野生動物との関わり方等、考えさせられることが多かったです。昔なら風土病で終わったような感染症が、今はあっという間に世界中に拡散される。今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスのように。私たち人間は、自分たちのあり方を見直すべき時にき...

… 続きを読む

2020-03-27 (Fri)

アラジン

アラジン

『アラジン』、観ました。実写版♪貧しくも誠実で清らかな心を持つ青年アラジンと自由を求める王女ジャスミンの、真実の愛の物語。実はあんまり期待してなかったんだけれど、素晴らしかったです。ウィル・スミスさん演じるランプの魔人ジーニーは、最高~!むちゃくちゃ笑う♪王女ジャスミンの凛とした強さが、素敵だった。『Speechless』が好き♪あの力強いシーンが、大好き♪出逢いの奇跡と願うことの大切さを感じさせてくれる、素敵...

… 続きを読む

No Subject * by うめ
子供の頃に読んだ本のイメージが強いです。映画も大好きですが…

Comment-close▲

2020-03-21 (Sat)

しあわせしりとり

しあわせしりとり

著者 : 益田ミリ / ミシマ社綺麗なピンク色の表紙とタイトルに魅かれて買った本。サクサク読めるエッセイ集♪軽くて、読みやすかったです。脳みそをほぐしたいときには丁度いいかも。読みながら、とてもゆったりした時間を過ごせました。幸せなものしか言ってはいけない「しあわせしりとり」。私もやってみたいな~と、思った。素敵よね♪...

… 続きを読む

2020-03-09 (Mon)

僕のワンダフル・ジャーニー

僕のワンダフル・ジャーニー

『僕のワンダフル・ジャーニー』、観ました。『僕のワンダフル・ライフ』の続編♪今回もベイリーは何度も生まれ変わる。最愛の人イーサンの願いを叶えるために。。。ベイリーはやっぱり一途で。その想いの強さに、胸がいっぱいになる。可愛くて、頼もしい~♪人と犬との絆の素晴らしさを思った。人生を終えたイーサンと犬生を終えたベイリーが再会するラストシーンは、号泣。。。犬は、無償の愛をくれる。犬って素敵よね♪犬になりた...

… 続きを読む

2020-02-14 (Fri)

HAPPINESS IS... 幸せを感じる500のこと

HAPPINESS IS... 幸せを感じる500のこと

著者 : リサ・スウェーリング&ラルフ・レザー / 文響社幸せが詰まっている絵本。イラストがとても可愛いの。小さいけれど、ずっしり分厚い本。幸せな瞬間って、こんなにたくさんあったんだなぁ~♪と、改めて思った。日々の小さな幸せを大切にしたいね。誰かを幸せにしたいなら、まずは自分が幸せでなくちゃ!よね。幸せは伝染する。私が幸せなら、大切な人も、きっときっと幸せ♪ほっこりまったり、私は今、とても幸せです...

… 続きを読む

2019-12-13 (Fri)

きみが いないと If Not for You

きみが いないと If Not for You

著者 : ボブ・ディラン デイヴィッド・ウォーカー ドリアン助川 / イマジネイション ・プラスボブ・ディランさんの『If Not for You』を絵本にしたもの。デイヴィッド・ウォーカーさんの温かな絵と、ドリアン助川さんの柔らかな日本語訳が素敵です♪「きみが いなかったらそらが おちてくるよあめも ふりつづくよきみの あいに ふれられないならぼくの いばしょは どこにも ないぼくは まいごに なるよきみが いないとそれが ほんと...

… 続きを読む

2019-12-08 (Sun)

生き物の死にざま

生き物の死にざま

著者 : 稲垣栄洋 / 草思社命についてのエッセイ。タイトルは“死にざま”だけど、がっつり“生きざま”です。空が見えない最期を迎えるセミから始まって、戦うために生まれ幼虫まま死んでいく兵隊アブラムシや恋するために命を授けられた存在のワタアブラムシ(雪虫)、人間をパートナーに選んだために人間なしには生きてゆくことができなくなった犬、仲間の死を悼むゾウの話等、色々な生きものたちの懸命に生きる姿が描かれています。...

… 続きを読む

2019-11-08 (Fri)

グレタ たったひとりのストライキ

グレタ たったひとりのストライキ

著者 : マレーナ&ベアタ・エルンマン グレタ&スヴァンテ・トゥーンベリ / 海と月社グレタ・トゥーンベリさんを知っていますか?たったひとりで「気候のための学校ストライキ」を始めた女の子のことを?これは、そのグレタさんのお母さんが書いた本です。「気候のための学校ストライキ」を始めるまでの、グレタさんと家族の物語。世界各地で行われたグレタさんのスピーチも収録されています。たったひとりで始めたストライキが、...

… 続きを読む

2019-10-11 (Fri)

生きる技法

生きる技法

著者 : 安冨 歩 / 青灯社大切なことが、とてもシンプルにわかりやすく書かれている本だった。書かれているのは、たぶん多くの人が真逆に誤解しているだろうこと。だけど、地獄から戻ってきた人なら、きっと知っていること。苦しんで苦しんで苦しみぬいたからこそ辿り着ける答え・・みたいな。だよね?うん!と思いながら、読んだ。自分の中にあるものを再確認出来て、良かった。たくさんあった命題の中から特に私が大切だと思った...

… 続きを読む