Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › よしもとばなな
2014-12-09 (Tue)

小さないじわるを消すだけで

小さないじわるを消すだけで

著者 : ダライ・ラマ14世 よしもと ばなな / 幻冬舎ダライ・ラマ法王とよしもとばななさんの対談が収録されています。優しく柔らかな気持ちになれる本。安らかな死を迎えるための最もよい方法は、“今生きているこの人生を正直に、真実を語って生きていく”ことだそう。そして、“他の人たちを、できるだけ助ける”こと。そうでありたいなぁ・・と、思う。大切なのは、愛と慈悲の心。難しいけど・・ね。仏教に特別強い関心があるわけで...

… 続きを読む

2013-10-24 (Thu)

スウィート・ヒアアフター

スウィート・ヒアアフター

著者 : よしもと ばなな / 幻冬舎交通事故で恋人を失い、自らも重傷を負い死にかけた小夜子の、静かな再生の物語。何か遭ったときに思うのは、自分の命ではなくて、大切な人の命なんだよね。自分は死んでもいい。叶うなら、この命をあげてもいい。だから、どうか、どうか大切な人が無事でありますように。生きていますように。。。って。叶ったら、いいのにね。。。死は、いつも、すぐそこにある。。。ばななさんはこの小説を、201...

… 続きを読む

2013-05-14 (Tue)

さきちゃんたちの夜

さきちゃんたちの夜

著者 : よしもと ばなな / 新潮社よしもとばななさんの最新小説。6人のたちの、5つの物語。私は、『鬼っ子』が一番好き。誰にも認められなくとも、人として大きな仕事を成し遂げ、ひとり潔く死んでいったムメおばさんの想いには共感するものがあったし、そのおばさんの想いに寄り添うことができる紗季ちゃんが、とても素敵だったから。でも、どのお話も、やっぱり全部好きかな・・とも思う。善だけじゃなく、死も悪も否定されるこ...

… 続きを読む

2012-09-08 (Sat)

もしもし下北沢

もしもし下北沢

著者 : よしもと ばなな / 幻冬舎母と娘の癒しの物語。。。物語の主人公のよしえちゃんのお父さんは、ある日突然、知らない女と心中した。思いをぶつけたくても、聞きたいことが山ほどあっても、もう本人は生きてない。ただ問い続けるしかない暗闇の中に、二人は置き去りにされた。むごいなぁ・・と、思う。むごすぎる。。。深く傷付き弱りきった二人が「レ・リヤン」で麦のサラダを食べるシーンが、とても印象的だった。食べるこ...

… 続きを読む

2010-08-20 (Fri)

王国 その4 アナザー・ワールド

王国 その4 アナザー・ワールド

著者 : よしもと ばなな / 新潮社『王国』シリーズの完結編。その1~3の主人公だった雫石の娘、ノニの物語。雫石は、私が思う“人としての理想”。謙虚で、まっすぐで、優しくて。だけど、“ゆずれない自分”をちゃんと持ってる。私はこのシリーズに登場する、“正しくて、どぎつい強さを持っている人たち”が、すごく好きだった。だから、最初はなんとなく妙な感じがして、すんなり世界に入っていけなかった。ノニは、母親の雫石とは違...

… 続きを読む

2010-02-08 (Mon)

ごはんのことばかり100話とちょっと

ごはんのことばかり100話とちょっと

著者 : よしもと ばなな / 朝日新聞出版よしもとばななさんの書き下ろしエッセイ。ごはんの話♪よしもと家の日々のごはんや行きつけのお店のことなど、食に関するエピソードが100話とちょっと収められています。最初は2歳半だった息子さんが最後には6歳になっていたりして、その息子さんの成長の過程と食に関するエピソードがとても微笑ましかったです。ばななさんの子どもに対する姿勢も、すごく好き。普通の家庭料理がやっぱり一...

… 続きを読む

2009-11-10 (Tue)

Q人生って?

Q人生って?

著者 : よしもと ばなな / 幻冬舎「眠れない夜や、どん底だと思うとき、ひとりぼっちだと思うとき、旅行先で心細いとき、私の小説とは別の形でこの本がみなさんに寄り添ってくれたら・・」という、ばななさんの願いがこめられた本。優しさ、憎しみ、怒り、価値観、仕事、恋愛、結婚、高齢出産、子どものいない人生、大切な人の自殺、生きることと死ぬこと、食と体のバランスについて等、公式サイトに寄せられた31の質問にばななさ...

… 続きを読む

2009-05-12 (Tue)

人生の旅をゆく

人生の旅をゆく

著者 : よしもと ばなな / 幻冬舎ばななさんのエッセイ集です♪人生は旅である。思い出をたくさん作ろう~!っていうお話。どのお話も共感することだらけで、しっくりで・・。あちこちで、ほろほろ泣いた。。。自分以外の生命に寄り添って生きるということについて書かれたものが、特に好き♪私たちは、いつか必ず死んじゃう。その時に持って行けるのは、思い出だけ。。。だから、私も思い出をたくさん作りたい♪よき思い出を、たくさ...

… 続きを読む