Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › アスペルガー症候群
2008-05-26 (Mon)

アスペルガーの偉人たち

アスペルガーの偉人たち

著者 : イアン・ジェイムズ / スペクトラム出版社相対性理論のアルバート・アインシュタイン博士やキンゼイ・レポートのアルフレッド・キンゼイ博士等、アスペルガー症候群だった可能性の高い歴史上の偉人20人が紹介されている本。最終章のまとめでは、自閉症の一形態とされるアスペルガー症候群の特徴についても詳しく解説されています。著者であるイアン・ジェイムズさんは国際的に高い評価を得ている数学者で、ご自身もアスペル...

… 続きを読む

2007-09-06 (Thu)

動物感覚 アニマル・マインドを読み解く

動物感覚 アニマル・マインドを読み解く

著者 : テンプル・グランディン キャサリン・ジョンソン 他 / 日本放送出版協会自閉症(アスペルガー症候群)の動物学者テンプル・グランディン博士の、動物の感覚を研究した成果を発表した科学ノンフィクション。動物が世界をどう見ているのか、どう感じているのか・・ということを自閉症だからこその視点から解説されています。博士は“自閉症(特にサヴァン症候群)の人と動物はとてもよく似ている”と考えているんだそう。それ...

… 続きを読む

2007-07-30 (Mon)

ぼくには数字が風景に見える

ぼくには数字が風景に見える

著者 : ダニエル・タメット / 講談社サヴァン症候群でアスペルガー症候群の、ダニエル・タメットさんの手記。自閉症スペクトラムのこと、人と違っているためにいじめられ友達ができなかった子ども時代のこと、海外でのボランティア生活のこと、円周率の暗唱でヨーロッパ記録を樹立したときのこと、ドキュメンタリー番組の話・・といった彼の半生が淡々と綴られています。彼は共感覚の持ち主で、数学と語学の天才。彼には数字の羅列...

… 続きを読む