Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › ノーマ・コーネット・マレック
2012-11-26 (Mon)

最後だとわかっていたなら

最後だとわかっていたなら

著者 : ノーマ・コーネット・マレック / サンクチュアリ出版9.11同時多発テロの後、チェーンメールとして世界中に広がったという一篇の詩が紹介されています。アメリカ人女性ノーマ・コーネット・マリックさんが、亡くなった息子さんに捧げた詩。まだ読んだことのない人は、ぜひ読んでみてください。強く魂を揺さぶられます。明日は誰にも約束されていない。明日は生きていないかもしれない。だから私は、今を大切にしたい。今をあ...

… 続きを読む

No title * by タケゾウ
≪明日は誰にも約束されていない。
明日は生きていないかもしれない。
だから私は、今を大切にしたい。今をあきらめない。≫
 この部分は心を揺さぶられました。9.11同時多発テロという、世界的に大きな事件についての本と聞いたことでよりこの言葉がグッときました。

No title * by ぴろり
はじめまして。コメントありがとうございます。
ノーマ・コーネット・マリックさんが書かれた詩も、ぜひ読んでみてください♪
この本の公式サイトで全文を読むことができます。(^-^)
http://www.sanctuarybooks.jp/saigodato/

Comment-close▲