Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › ロックトイン・シンドローム
2008-08-06 (Wed)

潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見る

著者 : ジャン=ドミニックボービー / 講談社突然の脳出血でロックトイン・シンドロームに陥り、意識や知能はまったく元のまま全身の自由が奪われた、ファッション雑誌『ELLE』の編集長ジャン=ドミニック・ボービーさんの手記。彼は唯一動かすことのできる左目の瞬きだけで、この本を書きました。身体に閉じ込められた、心。心だけの存在。。。すごくすごくすごく苦しんだはずなのに、それをほとんど感じさせない。切なさはあるけれ...

… 続きを読む

No title * by サーカスな日々
mini review 08316「潜水服は蝶の夢を見る」★★★★★★★☆☆☆

ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。『夜になるまえに』のジュリア...

Comment-close▲