Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 人生
2019-08-13 (Tue)

ボブが教えてくれたこと

ボブが教えてくれたこと

著者 : ジェームズ・ボーエン / 辰巳出版『ボブという名のストリートキャット』シリーズ最新刊♪前2作とはちょっと違う感じの、ジェームズ・ボーエンさんのエッセイ。猫のボブから学んだ知恵や大切なこと。。。書かれていることのほぼ全てに同意する。そして、そのどれもがとても大事なことだったりする。猫に教えられることって、本当にたくさんある。ボブのように生きられたら、きっときっと幸せ♪ボブのただひたすらなボブらしさ...

… 続きを読む

2019-06-19 (Wed)

子どもが教えてくれたこと

子どもが教えてくれたこと

『子どもが教えてくれたこと』、観ました。難病を患う5人の子どもたちの日常を追った、感動のドキュメンタリー。ご自身の娘さんを病気で亡くしたことのある女性ジャーナリストの方が監督されたそう。子どもたちがね、すごくいいこと言うんだよね。試練を与えられた子どもは子どものままではいられなくて。彼らは生半可な大人よりずっと大人で、物事の真理が見えていて。だけど、ちゃんと子どもらしさも失わずにいて。笑顔が、その...

… 続きを読む

2019-02-01 (Fri)

イヤシノウタ

イヤシノウタ

著者 : 吉本ばなな / 新潮社ばななさんのエッセイ集。淡々と静かで、ゆったりな感じ。気負わず読めて、心落ち着く。夜中に光る猫の話とか最後のハグとか、すごく好き。更年期との向き合い方もばななさらしいなぁと、思った。柔らかで、優しい本でした♪...

… 続きを読む

2018-10-12 (Fri)

gifted/ギフテッド

gifted/ギフテッド

『gifted/ギフテッド』、観ました。7歳の少女メアリーと彼女の叔父フランクの、愛と絆の物語。天才数学者だったメアリーの母親は自殺した。その日からずっと、叔父のフランクがメアリーを育ててる。“普通に育てて欲しい”というメアリーの母親ダイアンの願いを守りながら。だけどメアリーが数学の天才児だと周囲に知られてしまい、普通でいることが難しくなる。断固英才教育推奨!の祖母まで現れて、親権をめぐる裁判に。。。大人の...

… 続きを読む

2018-08-09 (Thu)

半分、青い。 上・下

半分、青い。 上・下

著者 : 北川悦吏子 / 文藝春秋NHKの朝ドラを毎日欠かさず観るのは『あまちゃん』以来。本まで買ってしまった。読んでしまった。号泣ものだった。。。私も、大切な人を幸せにしたい。心から、そう思った。人生は思い通りにいかないことだらけだけれど、でも。寄り添ってくれる誰かがいれば、夢見る力があれば、きっと。。。人間味溢れる登場人物たちが、とても素敵です♪...

… 続きを読む

2017-11-29 (Wed)

犬が教えてくれたほんとうに大切なこと。

犬が教えてくれたほんとうに大切なこと。

著者 : シンシア・L・コープランド / ディスカヴァー・トゥエンティワン犬たちの写真と心に響く大切な言葉が詰まっている本。ふんわり優しい気持ちになれます♪犬は、今を生きている。陽気で、情熱的で、大切な人をただひたすらに愛してる。犬のように生きられたら、きっと素敵!きっときっと、幸せ♪(*'ー'*)ベルジアン・マリノアのジュノ(介助犬)とルーカス・ヘンブリーくんの写真が、私はすごく好きです。...

… 続きを読む

2017-03-10 (Fri)

河合隼雄の幸福論

河合隼雄の幸福論

著者 : 河合隼雄 / PHP研究所幸福についてのエッセイ集。気軽に読めて、深く考えさせられて、心が軽くなる、そんな本♪何が幸せかは人によって違うと思うけれど、やっぱり一番大切なのは生き様なんじゃないのかなと思う。どれだけ自分の人生を一生懸命に生きられるかが、きっと、とても大事。私は、どんなに苦しくても、深く濃く生きたいなぁと、思う。「幸福ということが、どれほど素晴らしく、あるいは輝かしく見えるとしてもそれ...

… 続きを読む

2016-06-16 (Thu)

ハル 哲学する犬

ハル 哲学する犬

著者 : クォン・デウォン / ポプラ社 絵本のような詩集。犬のハルが、可愛いー♪“ハル”は韓国語で、1日という意味なんだそう。心豊かに日々を過ごせたら、幸せだよね♪大切なことを思い出させてくれる、優しい気持ちになれる、素敵な本でした。蓮池薫さんが翻訳されています。何度でも、何度でも、何度でも、読み返したいな。より良い人生を生きるために・・♪(*'ー'*)...

… 続きを読む

2011-04-26 (Tue)

希望をはこぶ人

希望をはこぶ人

著者 : アンディ・アンドルーズ / ダイヤモンド社不思議な老人ジョーンズが教えてくれる人生の知恵。「物の見方」についてのお話。悩みを抱えている人たちに、ジョーンズは教えてくれる。“物の見方を変えてごらん”と。たったそれだけで、日々は輝きだす。人生は動きだす。。。“「経験は最良の師」という格言があるが、そうじゃない。他人の経験こそが最良の師なんだ。偉人たちの人生について読むことで、彼らが偉人になった秘密を...

… 続きを読む

2010-09-02 (Thu)

最後の授業 ぼくの命があるうちに

最後の授業 ぼくの命があるうちに

著者 : ランディ・パウシュ / 武田ランダムハウスジャパン癌に侵され47歳でこの世を去った大学教授・ランディ・パウシュさんの、最後の授業。幼い自分の子ども達に遺したメッセージ。。。死と向き合い、それでもユーモアを忘れず前向きに生ききったパウシュさんの力強さに圧倒される。夢を持つこと、真摯に誠実に生きること、決して諦めないことの大切さ、愛することの尊さについて等、大切なメッセージがたくさん詰まっています。...

… 続きを読む