Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 匂い
2011-06-16 (Thu)

匂いの人類学

匂いの人類学

著者 : エイヴリー・ギルバート / 武田ランダムハウスジャパン科学ノンフィクション。心理学者であると同時に嗅覚専門の認知科学者でもあるエイヴリー・ギルバート博士が、匂いや嗅覚に関する様々なお話をユーモアを交えながら論じています。無嗅覚症や超嗅力、スニッフィング・メカニズム、匂いつき映画のスメロビジョンとアロマラマのお話、匂いのマーケティング戦略等、とても興味深く楽しく読みました。蝶は種類によって色々な...

… 続きを読む

2010-05-18 (Tue)

「出るモノ」健康学 あなたを救う69の「ハイセツ」話

「出るモノ」健康学 あなたを救う69の「ハイセツ」話

著者 : 藤田 紘一郎 / 講談社+α文庫排泄物、分泌物、老廃物、におい等、「出るモノ」についてのお話。「カラダから出るモノは、自分の体を守り、癒してくれる、健康と美容に欠かせないもの」。やたらと忌み嫌ったりせず、正しい知識を身につけ、「出るモノ」と上手に付き合って欲しいという願いのこめられた本♪私は、「出るモノ好き」です。藤田先生と同じように、最近の清潔志向は行き過ぎだと思う。抗菌・除菌グッズやデオドラン...

… 続きを読む

2007-03-15 (Thu)

パフューム

パフューム

『パフューム ~ある人殺しの物語~』、観てきました。嗅覚は最も原始的な感覚で、他の感覚と異なり、嗅覚から得られた情報は大脳辺縁系に直接届く。大脳辺縁系は、情動や本能的な活動を支配している場所。そして匂いは、記憶と密接に繋がっている。「嗅覚は記憶と欲望の感覚」そんなことを、映画を観ながら改めて思いました。処刑場のシーンは、いくらなんでも・・って気がして、正直、私はちょっとついていけなかったけど。とても...

… 続きを読む

No title * by じゅん
CMで少しだけ見かけたことがあるけど、なんだかすごそうな映画だなぁって…(^◇^;)
「ニオイ」って、記憶に残るよね。
その臭いを嗅いだら、その時の思い出がよみがえる…みたいな。
あるよね。あ、あの時の…って。
あれは、本能で、覚えてるってコトなのかな?
良い思い出ばかりだといいんだけどね。(笑)

No title * by ぴろり
うんうん。色んな意味で確かにスゴイ映画かもです。
人によっては、かなり不快感を持つかも・・って気もするしね。
でも、CMなんかで流れてる例のシーンは、絵的にはとても綺麗でしたよ♪
あまりにもファンタジー過ぎて、私はついていけなかったけどね。^-^;
特定の匂いによって記憶が呼び起こされることってあるよねぇ。
そういうのプルースト現象っていうんだよね。
詳しいメカニズムは私もわからないんだけど・・。
匂いと記憶の関係って、不思議だね。。。

Comment-close▲

2007-01-17 (Wed)

医師がすすめる「デトックス・アロマセラピー」

医師がすすめる「デトックス・アロマセラピー」

著者 : 川端 一永 吉井 友季子 他 / マキノ出版実際の医療現場で補完療法としてアロマテラピーを取り入れている医師が、代謝をアップさせる精油を使って不調を改善する方法を「デトックス・アロマセラピー」として紹介しています。レシピが豊富で実用的です。持っていない精油もあるんだけれど、とりあえず、持っている精油でできるものから試してみたいな・・♪と思いました。精油について、精油の香り成分が体に効くメカニズムにつ...

… 続きを読む

No title * by アロマセラピーでなごみの検定・資格
アロマセラピー 通販[アロマの素]

アロマセラピーの検定鐔セ餝覆覆匹鮟蘓桓圓望匆

No title * by ハーブ図鑑
アロマと「お香」の関係は?

西洋にアロマテラピーがあるように、日本にも香りで心や身体をリラックスさせる「香道」というものがあります。日本では、仏教の伝来とともに伝えられたという沈香木(じんこうぼく)が日本の香道のルーツにあたるもので、奈良時代には仏前を清めて邪気を払う宗教的な目的で

No title * by デトックス の薦め
足湯でアロマテラピー&デトックス♪

デトックス足湯に、アロマオイルをつかうとプラスαの効果が得られます。たとえば、リラックスしたい時には、デトックス足湯にラベンダーオイルをほんの一滴たらすのも効果的です。また、市販の入浴剤、バスボムなどをデットクス足湯に入れて楽しんでみてもよいですね。一日

No title * by ロハスな暮しをするために
クリームスパ:神にも癒し!!朝はビタミンで紹介されました【ロハスな暮しをするために】

朝はビタミンはエステ情報の宝庫ですよねー。今日も遅刻覚悟で画面に見入っちゃいました(笑)髪にも癒しは必要!髪、地肌が元気になると顔のしわ、はりにも影響があるといわれちゃ見逃せませんねー。インドネシア方式『クリームスパ』とは 

No title * by アロマセラピー・アロマセラピーとアロマセラピーのエッセンシャルオイル(アロマオイル)
アロマセラピーが身体へ作用する仕組み

アロマセラピーに用いられる精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)が、身体に対して作用する経路は主に2通りあります。一つは嗅覚を通して大脳を刺激する経路、もうひとつは皮膚や粘膜を通して血管の中に取り込まれ、血流に乗って体内を巡る経路です。精油(エ...

No title * by アロマセラピー@情報バンキング
アロマセラピーの雑学

アロマセラピーの雑学アロマセラピーは他にこんなお話も・・・■アロマセラピーとアロマテラピーどっちが正しい???アロマセラピーとかアロマテラピーとかよく聞きますよね。 どちらも香りを使った療法という意味は伝わってくるのですが、言葉としてはどちらが正しいので

No title * by 世にも奇妙な 経皮毒問題
デトックス!?

今日は、今流行の「デトックス」とについて述べたいと思います。私たちは、日々の生活で身体の中に溜め込んだ、有害化学物質を尿・便・汗で身体の外に排出しなければなりません。

No title * by 花粉症対策マニュアル
花粉対策とアロマセラピー

花粉症の対策の一つにアロマセラピーによる方法があります。 アロマセラピーとは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。 現在では香りや癒し効果にとどまらず、健康面でも幅広く活用されています。 花粉症の患者に処方される薬は副作用の出るもの

Comment-close▲

2006-05-25 (Thu)

匂いの記憶 知られざる欲望の起爆装置:ヤコブソン器官

匂いの記憶 知られざる欲望の起爆装置:ヤコブソン器官

著者 : ライアル・ワトソン / 光文社すっごい久しぶりにワトソン博士の本を読んだ。で、思った。やっぱり、好き♪人って目に見えないモノを軽視しがちだけれど、私達人間も他の動物たちと同じように嗅覚から多くの情報を得ていたり、色んな影響を受けていたりするんですよね。この本には、そんな匂いによるコミュニケーション、匂いの世界についてのことが書かれています。ヤコブソン器官のこと、フェロモンのこと、お香や香水のこ...

… 続きを読む

No title * by じゅん
わたしもあるな、ニオイで思い出すことって。
いい匂いの記憶♪好きな人と一緒だったときのこととか…(*^▽^*)ェ
うちの子ね、毎日特定のタオルを臭うんだよ。落ち着くんだって。
イヤなことがあると、それに顔埋めてる…
安心材料にもなってるんだね。
わたしにとっては、とてもいい匂いとは思えないんだけどさぁ…(__;)

No title * by ぴろり
そっか~、毎日特定のタオルを匂うのかぁ。
でも、うん。そういうのってあるよね。安心する匂いって・・さ。
彼にとってはそのタオルは特別なものなんだろうな。(^-^)フフ
じゃ、きっと洗っちゃったりしたらすっごく怒るよね。だって、匂いとれちゃうもんね・・。^-^;

Comment-close▲