Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 対談
2016-01-29 (Fri)

ジョンとばななの幸せって何ですか

ジョンとばななの幸せって何ですか

著者 : ジョン・キム 吉本ばなな / 光文社吉本ばななさんとジョン・キムさんの対談集。つながり、喪失、感受性、世界、人生、愛などについてのお話。吉本ばななさんの柔らかな笑顔に、ほっこりした。お二人のお話を読みながら、“他者への感受性”の大切さを、改めて思った。ジョン・キムさんのあとがきに、勇気をたくさん貰った。私は、私の信念を貫きます♪...

… 続きを読む

2014-12-09 (Tue)

小さないじわるを消すだけで

小さないじわるを消すだけで

著者 : ダライ・ラマ14世 よしもと ばなな / 幻冬舎ダライ・ラマ法王とよしもとばななさんの対談が収録されています。優しく柔らかな気持ちになれる本。安らかな死を迎えるための最もよい方法は、“今生きているこの人生を正直に、真実を語って生きていく”ことだそう。そして、“他の人たちを、できるだけ助ける”こと。そうでありたいなぁ・・と、思う。大切なのは、愛と慈悲の心。難しいけど・・ね。仏教に特別強い関心があるわけで...

… 続きを読む

2014-06-13 (Fri)

もんじゅ君対談集 3.11で僕らは変わったか

もんじゅ君対談集 3.11で僕らは変わったか

著者 : もんじゅ君 / 平凡社福井県にある高速増殖炉もんじゅの非公式キャラクター・もんじゅ君と、著名人(美術家・奈良美智さん、音楽家・坂本龍一さん、武術研究者・甲野善紀さん、写真家・鈴木心さん、哲学者・國分功一郎さん)との対談集。原発のお話が中心なんだけれど、“自分はどう生きるのか”を深く考えさせてくれる素敵な本でした。静かな情熱が詰まっています。「重くるしいこととつきあうのは疲れます。あかるくて楽しい...

… 続きを読む

2013-12-12 (Thu)

縁は異なもの

縁は異なもの

著者 : 河合 隼雄 白洲 正子 / 光文社随筆家・白洲正子さんと臨床心理学者・河合隼雄さんの共著。エッセイと対談。鎌倉時代の名僧・明恵上人のこと、両性具有について、命がけと忘我のお話等、とても興味深く読みました。明恵上人の存在が、お二人を出会わせ結び付けた。河合先生が感激したという白洲正子さんの書かれた明恵上人についての本を、いつか読んでみたいです♪...

… 続きを読む

2010-12-11 (Sat)

寄り道して考える

寄り道して考える

著者 : 養老 孟司 森 毅 / PHP研究所養老孟司先生と森毅先生の対談。結構深い話をされているんだけれど、サクサク読めます。“理系と文系がクロスした人間こそ面白い”ということで、森先生が臨床心理学者の河合隼雄先生のお名前をあげてらしたのが印象的でした。河合先生は数学出身だもんね♪“いい加減”でいい。“みんないっしょ”じゃなくていい。“規則や予定で縛らなければ守れないようなもの”など、何も必要ない。とにかく、“自分の...

… 続きを読む

2010-10-17 (Sun)

子どもたちは、いま

子どもたちは、いま

著者 : トリイ・ヘイデン 斎藤 学 / 早川書房ずいぶん昔に一度読んだ本なんだけど、再読。教育心理学者であり作家でもあるトリイ・へイデンさんの来日講演と、精神科医・斎藤学さんとの対談が収録されている本。著書ではあまり触れられることのないご自身の生い立ちや、サヴァイヴァー(虐待等、困難な子ども時代を生き延びた人)のための癒しのプロセスについて、いじめ問題の対策案(いじめられる側へのはたらきかけ、いじめる側...

… 続きを読む

2010-10-06 (Wed)

臨床とことば

臨床とことば

著者 : 河合 隼雄 / 朝日新聞出版臨床心理学者の河合隼雄さんと臨床哲学者の鷲田清一さんの対談。“聴くことの重さ”について、改めて考えさせられました。“聴く”って、本当に難しい。人と人の距離感の取り方も。。。河合先生の、動物的な勘についてのお話も興味深かったです。“臨床家はその能力をフル回転させないとダメ。動物的な勘みたいなところに頼る。勘で賭けていくしかない。それは磨かれる”って。私自身が動物的な勘にかな...

… 続きを読む

2010-03-29 (Mon)

幸せはすべて脳の中にある

幸せはすべて脳の中にある

著者 : 酒井 雄哉 / 朝日新聞出版天台宗大阿闍梨・酒井雄哉さんと、脳科学者・茂木健一郎さんの対話集。人生のこと、仏教のこと、縁や幸せについて等をテーマにお話されています。今を幸せだと思うことの大切さとか、感謝の心を持つことの大切さとか、物事にこだわらないことの大切さとか、自分に嘘をついてはいけないこととか、出会いは奇跡だから縁を大切にしなさいとか、そういうことを酒井さんはふわりと教えてくれます。読み...

… 続きを読む

2009-12-05 (Sat)

魂にメスはいらない

魂にメスはいらない

著者 : 河合 隼雄 谷川 俊太郎 / 講談社臨床心理学者・河合隼雄さんと詩人・谷川俊太郎さんとの対談形式で進んでいく、ユング心理学についての本。高校の数学教師だった河合先生がユング心理学を学ぶことになったきっかけや、“魂の医者”ユングについて、共時性(意味のある偶然の一致)について、無意識、夢分析、箱庭療法、自我と自己、死生観等、とても興味深く読みました。『魂にメスはいらない』というタイトルが、素敵だよね♪...

… 続きを読む

2009-10-12 (Mon)

人の心がつくりだすもの

人の心がつくりだすもの

著者 : 河合 隼雄/ 大和書房臨床心理学者・河合隼雄先生の対談集。財団法人ちゅうでん教育振興財団編集・発行の広報誌『えるふ』に連載された対談の中から六つを書籍化にあたり再編集したもの。建築家・藤森照信さん、イラストライター・南伸坊さん、スポーツライター・玉木正之さん、美術家・森村泰昌さん、東洋の伝統楽器「笙」の演奏家・宮田まゆみさん、児童文学作家・今江祥智さんとの対談が収録されています。南伸坊さんとの...

… 続きを読む