Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 近藤薫美子
2010-03-21 (Sun)

のにっき

のにっき

著者 : 近藤 薫美子 / アリス館動物の死体が朽ち果てていく様子を克明に描いた絵本。晩秋から春までの命の物語。。。ある秋の日、いたちが死んだ。野ざらしになった体には、やがて虫たちが集まってくる。ハエがやって来て、蛆がわいて・・。小鳥が巣作りのために毛を持ち帰ったり・・。いたちの体はどんどん形が崩れていく・・。だけど、それは決しておぞましいことではなく、大切な自然の営み。そして春が来て、花が咲き乱れ、蝶...

… 続きを読む