Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 難民
2018-08-25 (Sat)

難民になったねこ クンクーシュ

難民になったねこ クンクーシュ

著者 : マイン・ヴェンチューラ、ベディ・グオ 他 / かもがわ出版飼い主の難民家族とはぐれてしまった猫の物語。実話。ニュース等で見て覚えている人も多いかも?いくつもの奇跡のような出来事と善き人々の働きに、心がほっこりします。クンクーシュの物語が、世界で起きていることや難民のことを考えるきっかけになったらいいなと思う。子ども向けに書かれている絵本だけれど、もちろん大人も読めます!ぜひ♪↓ネットのニュースは...

… 続きを読む

かわいい猫の話 * by 八田政樹
クンクーシュってかわいい名前ですよね!
話と出会ったのも奇跡と思えます。
名作です。

Comment-close▲

2018-02-08 (Thu)

バナの戦争 ツイートで世界を変えた7歳少女の物語

バナの戦争 ツイートで世界を変えた7歳少女の物語

著者 : バナ・アベド / 飛鳥新社シリアのアレッポから内戦の悲惨さをTwitterで伝え続けた7歳の女の子バナちゃんの手記。バナちゃんの書いた文章と、娘に宛てた形で書かれたお母さんの文章のふたつで構成されています。バナちゃんのツイートを私は見ていたので、その時のことを思い出しながら読んだ。短いツイートではわからなかった色々なことを知って、今は、重く哀しくやりきれない気持ち。本当に、何もかもが惨い。いつも一緒に...

… 続きを読む

2017-04-14 (Fri)

シリアからの叫び

シリアからの叫び

著者 : ジャニーン・ディ・ジョヴァンニ / 亜紀書房戦地に赴き、世界の紛争地帯を取材してきた経験豊富な女性ジャーナリストによる、シリア内戦のルポ。命がけでシリアに入り、紛争下で生きる人々の声を丁寧に掬い上げています。治安刑務所で拷問された人やレイプされた女性の話は本当に悲惨で、むご過ぎて、吐きそうになる。「母親なのに子供のために何もできない」と無力感に打ちのめされた子育て中の女性の言葉が胸に刺さる。何...

… 続きを読む

2015-11-10 (Tue)

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~

グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~

『グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~』、観ました。内戦によって両親を殺され、住む場所さえも失った、スーダンの子どもたち“ロストボーイズ”の物語。前半は、かなりキツイ。観ながら緊張で体ガチガチになる。過酷過ぎて、打ちのめされる。何日も何日も子どもたちだけでただひたすら歩き続けて、やっとケニアのカクマ難民キャンプに辿り着いた時には、心底ホッとした。生き延びることが叶わなかった子たちのことを思うと、明るい...

… 続きを読む

2005-07-30 (Sat)

アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えて

アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えて

著者 : アンジェリーナ・ジョリー / 産業編集センター出版部著者が国連難民高等弁務官事務所の親善大使として、シエラレネオ、タンザニア、パキスタン、カンボジア、エクアドルなど、各地の難民キャンプを訪問したときの日記。各地で経験したこと、見たこと、聞いたことが飾らない言葉で丁寧に綴られています。一人でも多くの人に、難民達の悲劇について知って貰いたいという彼女の想いが伝わってくる本です。...

… 続きを読む