Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › Category - 読書感想
2019-11-08 (Fri)

グレタ たったひとりのストライキ

グレタ たったひとりのストライキ

著者 : マレーナ&ベアタ・エルンマン グレタ&スヴァンテ・トゥーンベリ / 海と月社グレタ・トゥーンベリさんを知っていますか?たったひとりで「気候のための学校ストライキ」を始めた女の子のことを?これは、そのグレタさんのお母さんが書いた本です。「気候のための学校ストライキ」を始めるまでの、グレタさんと家族の物語。世界各地で行われたグレタさんのスピーチも収録されています。たったひとりで始めたストライキが、...

… 続きを読む

2019-10-11 (Fri)

生きる技法

生きる技法

著者 : 安冨 歩 / 青灯社大切なことが、とてもシンプルにわかりやすく書かれている本だった。書かれているのは、たぶん多くの人が真逆に誤解しているだろうこと。だけど、地獄から戻ってきた人なら、きっと知っていること。苦しんで苦しんで苦しみぬいたからこそ辿り着ける答え・・みたいな。だよね?うん!と思いながら、読んだ。自分の中にあるものを再確認出来て、良かった。たくさんあった命題の中から特に私が大切だと思った...

… 続きを読む

2019-09-12 (Thu)

ナチュラリスト 生命を愛でる人

ナチュラリスト 生命を愛でる人

著者 : 福岡伸一 / 新潮社自然に魅せられ、その本質を探究せずにはいられなくなった人たちのお話。私は、ナチュラリストが大好きです。センス・オブ・ワンダーを持ち続けている人は魅力的だよね。書籍や博物館もたくさん紹介されていて、とても楽しく読みました。久しぶりに、科博に行きたくなった。いつか、大英自然史博物館に行ってみたい♪...

… 続きを読む

2019-08-20 (Tue)

牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って

牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って

著者 : 三浦英之 / 小学館アフリカゾウと密猟組織のお話。ノンフィクション。これは、全ての日本人が読むべき本だと思います。象牙を欲しがる人がいる限り、密猟はなくならない。今のままでは、近い将来、野生のアフリカゾウはほぼ間違いなく絶滅してしまう。象牙は、テロリストたちの資金源になっている。それがわかっていてなお、日本の象牙市場を閉鎖できない理由は何ですか?全ては繋がっている。殺されているのはゾウだけじゃ...

… 続きを読む

2019-08-13 (Tue)

ボブが教えてくれたこと

ボブが教えてくれたこと

著者 : ジェームズ・ボーエン / 辰巳出版『ボブという名のストリートキャット』シリーズ最新刊♪前2作とはちょっと違う感じの、ジェームズ・ボーエンさんのエッセイ。猫のボブから学んだ知恵や大切なこと。。。書かれていることのほぼ全てに同意する。そして、そのどれもがとても大事なことだったりする。猫に教えられることって、本当にたくさんある。ボブのように生きられたら、きっときっと幸せ♪ボブのただひたすらなボブらしさ...

… 続きを読む

2019-07-18 (Thu)

僕にもできた! 国会議員

僕にもできた! 国会議員

著者 : 山本太郎 雨宮処凛 / 筑摩書房山本太郎さんが国会議員になって具体的にどんなことをしたのかを知ることができる本。様々な社会問題についても知ることができるので、読んで良かったと思った。知るって大事!ホントに大事!山本太郎さんはすごい人だと思う。色んな意味で。何より、困難に直面している人々に全力で寄り添おうとする姿と、とてつもない熱意に、いつも心打たれる。きっと共感能力の高い人なんだろうなぁと思う...

… 続きを読む

2019-06-17 (Mon)

火山はめざめる

火山はめざめる

著者 : はぎわらふぐ 早川由紀夫 / 福音館書店浅間山の2万5000年の歴史が描かれた絵本。火山のお話。絵がとても素晴らしくて、ページをめくるたびに、わぁー♪と思う。それぞれの時代の、その当時の人々の姿と噴火の様子がリアルに描かれていて感動する。さまざまな種類の噴火についての説明もわかりやすかったです。知るって大事。自然って、すごいよね。不思議で、美しくて、尊くて、恐ろしい。その全てに魅せられずにはいられな...

… 続きを読む

2019-05-01 (Wed)

ゆるゆる生物日誌 はるか昔の進化がよくわかる

ゆるゆる生物日誌 はるか昔の進化がよくわかる

著者 : 種田ことび / ワニブックス地球誕生から恐竜絶滅までの生物の進化の物語をゆるゆるざっくり学べるマンガ本。擬人化されたキャラクターたちが、難しいこともわかりやすく説明してくれます。これ、ちょー楽しい~。笑う♪進化って、すごいよね。生きものって、すごい。5度の大量絶滅を乗り越えて、今がある。今、ここに私が存在していることの奇跡を思う。書店をぶらついてた時に目に入って購入したんだけれど、買って良かった...

… 続きを読む

2019-04-05 (Fri)

猫も老人も、役立たずでけっこう

猫も老人も、役立たずでけっこう

著者 : 養老孟司 / 河出書房新社養老先生のエッセイ。愛猫のまるちゃんのお写真もいっぱい♪まるちゃん、もう15歳なんだね。。。養老先生は、まるちゃんを生きることの“ものさし”にしているそう。それって、素敵なことだと私は思う。自然そのものの動物たちから教えられることって、たくさんあるよね♪心地良いエッセイだった。養老先生の考え方や感覚が、やっぱり私にはとてもしっくりくる。「ハエ一匹ゴキブリ一匹出てこない環境は...

… 続きを読む

2019-03-09 (Sat)

南三陸日記

南三陸日記

著者 : 三浦英之 / 集英社被災地に住み込んで人々と暮らしながら書かれたコラムをまとめたもの。文庫化を機に勇気を出して買ってきた。震災関連の本は辛すぎて、ずっと手に取れずにいたんだけれど。。。ぽろぽろ泣きながら読んだ。ときどき本を閉じて気持ちを整えながら、読んだ。ひとつひとつの命に、ひとりひとりの想いに、しっかり寄り添いながら書かれてた。人々の写真もたくさん収められていて、それがすごくいいと思った。ち...

… 続きを読む