Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › Category - 茂木健一郎
2017-04-26 (Wed)

ヤセないのは脳のせい

ヤセないのは脳のせい

著者 : 茂木健一郎 / 新潮社脳科学者・茂木健一郎さんの、ダイエット本。ちょうど今、ダイエット中だったので買ってみた♪茂木さんの考えるダイエットは、とてもシンプル。「食べない。以上」。「やる気は必要ない。以上」。だそうです。なんだか思わず笑ってしまうけれど、確かに、その通りかも。実際、私もそうしています。お金もかからないし、地道に続ければ、間違いなく体重は落ちる♪大切なのは、続けること。脳に言い訳させな...

… 続きを読む

2010-03-29 (Mon)

幸せはすべて脳の中にある

幸せはすべて脳の中にある

著者 : 酒井 雄哉 / 朝日新聞出版天台宗大阿闍梨・酒井雄哉さんと、脳科学者・茂木健一郎さんの対話集。人生のこと、仏教のこと、縁や幸せについて等をテーマにお話されています。今を幸せだと思うことの大切さとか、感謝の心を持つことの大切さとか、物事にこだわらないことの大切さとか、自分に嘘をついてはいけないこととか、出会いは奇跡だから縁を大切にしなさいとか、そういうことを酒井さんはふわりと教えてくれます。読み...

… 続きを読む

2009-03-13 (Fri)

響きあう脳と身体

響きあう脳と身体

著者 : 甲野 善紀 茂木 健一郎 / バジリコ脳科学者の茂木健一郎さんと武術家の甲野善紀さんの対談です。脳と身体に関するお話。甲野さんの科学主義に対する怒りっぷりが、印象的でした。ものごとの本質がしっかり見えているお二人のお話はとても深く、教えられること気付かされることも多く、興味深かったです。身体って、不思議で面白い♪ そして、すごく大事!...

… 続きを読む

2008-11-12 (Wed)

脳の中の人生

脳の中の人生

著者 : 茂木 健一郎 / 中公新書ラクレ脳科学者・茂木健一郎さんのエッセイ集です。心の問題を突き詰めていくと、一人一人の人生に辿り着く。心を生み出しているのは、脳。脳を考えるということは、つまりは人生について考えるということ。。。記憶の編集力の大切さ、偶然を必然とする能力の大切さ、「わからない」ということを楽しむ大切さ、その本質が他者を思いやる利他行動にこそあるとされる愛のお話、変人であることの自由等...

… 続きを読む

2008-09-26 (Fri)

脳と仮想

脳と仮想

著者 : 茂木 健一郎 / 新潮文庫「サンタクロースはいると思う?」。という少女の問いから始まって、人間の脳が生み出す“意識”の不思議な性質についてを考察されています。科学的というより、文学的で、思想的で、哲学的な感じ・・かも?すごく読みやすいけど、かなり深い。心とか、魂とか、生きるとはどういうことかを考えさせられる本でした。「人間にとって切実なものは、実は仮想の世界に属している」。と、私も思う。「本当に...

… 続きを読む