Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › Category - ノンフィクション
2019-11-08 (Fri)

グレタ たったひとりのストライキ

グレタ たったひとりのストライキ

著者 : マレーナ&ベアタ・エルンマン グレタ&スヴァンテ・トゥーンベリ / 海と月社グレタ・トゥーンベリさんを知っていますか?たったひとりで「気候のための学校ストライキ」を始めた女の子のことを?これは、そのグレタさんのお母さんが書いた本です。「気候のための学校ストライキ」を始めるまでの、グレタさんと家族の物語。世界各地で行われたグレタさんのスピーチも収録されています。たったひとりで始めたストライキが、...

… 続きを読む

2019-08-20 (Tue)

牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って

牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って

著者 : 三浦英之 / 小学館アフリカゾウと密猟組織のお話。ノンフィクション。これは、全ての日本人が読むべき本だと思います。象牙を欲しがる人がいる限り、密猟はなくならない。今のままでは、近い将来、野生のアフリカゾウはほぼ間違いなく絶滅してしまう。象牙は、テロリストたちの資金源になっている。それがわかっていてなお、日本の象牙市場を閉鎖できない理由は何ですか?全ては繋がっている。殺されているのはゾウだけじゃ...

… 続きを読む

2019-03-09 (Sat)

南三陸日記

南三陸日記

著者 : 三浦英之 / 集英社被災地に住み込んで人々と暮らしながら書かれたコラムをまとめたもの。文庫化を機に勇気を出して買ってきた。震災関連の本は辛すぎて、ずっと手に取れずにいたんだけれど。。。ぽろぽろ泣きながら読んだ。ときどき本を閉じて気持ちを整えながら、読んだ。ひとつひとつの命に、ひとりひとりの想いに、しっかり寄り添いながら書かれてた。人々の写真もたくさん収められていて、それがすごくいいと思った。ち...

… 続きを読む

2019-01-24 (Thu)

ロミオと呼ばれたオオカミ

ロミオと呼ばれたオオカミ

著者 : ニック・ジャンズ / エクスナレッジアラスカの町に現れた孤独な黒いオオカミの物語。人々や犬たちと交流した6年間の記録。ノンフィクション。表紙の写真に目が釘付けになった。本を読み始める前から、ロミオは私の心を鷲掴みにした。読み始めて、さらに私はロミオに魅了された。ロミオは風変わりなオオカミだった。野生のオオカミなのに、誰かに飼いならされたり餌付けされたりしたわけでもないのに、飼い犬たちと交流した...

… 続きを読む

2018-05-09 (Wed)

ニホンオオカミは消えたか?

ニホンオオカミは消えたか?

著者 : 宗像 充 / 旬報社ニホンオオカミはすでに絶滅したとされているけれど。今もニホンオオカミを探し続けている人たちがいて、今でも目撃情報が絶えないんだそう。ニホンオオカミのついての科学的なお話や歴史等、興味深く読みました。著者である宗像さんの、「重要なことはわからないことを知ろうとする姿勢であり、わからないものはわからないままにしておく勇気」という言葉が、印象的だった。私も、強くそう思う。ニホンオ...

… 続きを読む

2018-03-14 (Wed)

シリア戦場からの声

シリア戦場からの声

著者 : 桜木武史 / アルファベータブックス日本人ジャーナリストによる、シリア内戦のルポ。2012年から2015年にかけて5度に渡りシリアに足を運び、内戦下で暮らす人々の声に耳を傾け、共に時を刻んだ、その記録です。桜木さんの人柄によるところも大きいのかもしれないけれど、桜木さんが出会うシリアの人々はみなさん親切で、優しくて・・。だからこそ余計に、シリアの惨い現実を思って切なくなる。反体制派の戦闘員の想いと、死...

… 続きを読む

2018-02-08 (Thu)

バナの戦争 ツイートで世界を変えた7歳少女の物語

バナの戦争 ツイートで世界を変えた7歳少女の物語

著者 : バナ・アベド / 飛鳥新社シリアのアレッポから内戦の悲惨さをTwitterで伝え続けた7歳の女の子バナちゃんの手記。バナちゃんの書いた文章と、娘に宛てた形で書かれたお母さんの文章のふたつで構成されています。バナちゃんのツイートを私は見ていたので、その時のことを思い出しながら読んだ。短いツイートではわからなかった色々なことを知って、今は、重く哀しくやりきれない気持ち。本当に、何もかもが惨い。いつも一緒に...

… 続きを読む

2017-11-01 (Wed)

Black Box

Black Box

著者 : 伊藤詩織 / 文藝春秋告発本ではなく、問題提起です。この本には、怒りや憎しみは籠められてない。冷静に、そして客観的に、自身が受けたレイプ被害の詳細とその後の経過、レイプ被害者を取り巻く社会の現状と問題点等が綴られています。詩織さんは本名も公表し、顔も出して訴えてる。ここまでするのに、どれほどの勇気と覚悟が必要だったろう。。。これは、あってはいけないことだよね。こんな風に尊厳を踏みにじられていい...

… 続きを読む

2017-04-14 (Fri)

シリアからの叫び

シリアからの叫び

著者 : ジャニーン・ディ・ジョヴァンニ / 亜紀書房戦地に赴き、世界の紛争地帯を取材してきた経験豊富な女性ジャーナリストによる、シリア内戦のルポ。命がけでシリアに入り、紛争下で生きる人々の声を丁寧に掬い上げています。治安刑務所で拷問された人やレイプされた女性の話は本当に悲惨で、むご過ぎて、吐きそうになる。「母親なのに子供のために何もできない」と無力感に打ちのめされた子育て中の女性の言葉が胸に刺さる。何...

… 続きを読む

2017-02-24 (Fri)

死体捜索犬ソロが見た驚くべき世界

死体捜索犬ソロが見た驚くべき世界

著者 : カット・ワレン / エクスナレッジ働く犬のお話。著者のカット・ワレンさんは元新聞記者で、大学の助教授。ボランティアとして、愛犬ソロと共に遺体捜索の仕事をしてる。そのソロの話を軸にして、遺体捜索犬だけではなく様々な作業犬の話が紹介されています。作業犬の科学や歴史、専門家のインタビュー、匂いについて等、とても興味深く、読み応えのある本でした。水底に沈んでいる死体や数百年も前に埋葬された史的遺体まで...

… 続きを読む