Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › Category - 小説
2018-08-09 (Thu)

半分、青い。 上・下

半分、青い。 上・下

著者 : 北川悦吏子 / 文藝春秋NHKの朝ドラを毎日欠かさず観るのは『あまちゃん』以来。本まで買ってしまった。読んでしまった。号泣ものだった。。。私も、大切な人を幸せにしたい。心から、そう思った。人生は思い通りにいかないことだらけだけれど、でも。寄り添ってくれる誰かがいれば、夢見る力があれば、きっと。。。人間味溢れる登場人物たちが、とても素敵です♪...

… 続きを読む

2018-05-24 (Thu)

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

著者 : 谷川俊太郎 岩瀬成子 江國香織 今江祥智 川上弘美 その他 / 講談社13人の作家による、佐野洋子さんの名作絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート短編集。江國香織さんの『生きる気まんまんだった女の子の話』と、くどうなおこさんの『インタビューあんたねこ』、広瀬弦さんの『博士とねこ』が、好き。川上弘美さんの『幕間』に笑った。みんな、『100万回生きたねこ』が大好きなんだなぁと、思った。私ももちろん、...

… 続きを読む

2011-05-25 (Wed)

十二番目の天使

十二番目の天使

著者 : オグ・マンディーノ / 求龍堂全てを失くした男と、ちっちゃな野球少年の物語。若くして成功者になって故郷に凱旋した2週間後、ハーディングさんは事故で妻子を失う。人生に絶望し、社会的成功も捨て、自殺しようとしていた彼を救ったのは、天使たちだった。友人のはからいで、彼は少年野球チーム「エンジェルズ」の監督になる。そしてそこで、ティモシーに出逢う。野球が大好きで、だけど、誰よりも野球がヘタクソなちっち...

… 続きを読む

2011-04-26 (Tue)

希望をはこぶ人

希望をはこぶ人

著者 : アンディ・アンドルーズ / ダイヤモンド社不思議な老人ジョーンズが教えてくれる人生の知恵。「物の見方」についてのお話。悩みを抱えている人たちに、ジョーンズは教えてくれる。“物の見方を変えてごらん”と。たったそれだけで、日々は輝きだす。人生は動きだす。。。“「経験は最良の師」という格言があるが、そうじゃない。他人の経験こそが最良の師なんだ。偉人たちの人生について読むことで、彼らが偉人になった秘密を...

… 続きを読む

2010-01-05 (Tue)

Lost Tern

Lost Tern

著者 : ブルック・ニューマン / 集英社『リトルターン』を読んだのは、3年前。ある日突然飛べなくなってしまった1羽のリトルターン(アジサシ)の、挫折と再生の物語。求める気持ちを決して手放さず、空を見上げ続けるリトルターンの姿に、勇気を貰った。淡々と静かで、とてつもなく深くて、哀しくて、優しい、素敵なお話だった。この本はその『リトルターン』の続編。迷子になったリトルターンの、出逢いと冒険、気づきの物語。...

… 続きを読む

2009-08-22 (Sat)

夏への扉

夏への扉

著者 : ロバート・A・ハインライン / 早川書房新訳版、出た!旧訳版の表紙のピートの後頭部も可愛らしくて大好きだったけれど、新訳版の表紙の正面を向いたピートも、好き。可愛い~♪20年程前に読んだきりで、新訳で、新鮮だった。20年前にはわからなかったことも、今ならわかる。前に読んだ時より、もっとずっと、好きだと思えた。それが、とても嬉しい~♪すごく面白くて、希望に満ちた素敵なお話だよね。(^-^)私も信じ続けたい。...

… 続きを読む

2009-08-15 (Sat)

あの空をおぼえてる

あの空をおぼえてる

著者 : ジャネット・リーケアリー / ポプラ社妹と一緒に交通事故に遭い、ひとり生き残った11歳の少年ウィルのお話。彼は死んでしまった妹ウェニーに、手紙を書き続ける。。。全部がウィルからウェニーに宛てた手紙で・・。そこには、子どもらしい真っ直ぐさや優しさ、遺された者の痛みや哀しみ、苦悩が詰まっていて・・。切なくて切なくて、読んでいる間中、涙が止まらなかった。喪失の痛みを乗り越えて家族が絆を取り戻していく姿...

… 続きを読む

2009-07-08 (Wed)

ジェニィ

ジェニィ

著者 : ポール・ギャリコ / 新潮社ある日突然まっ白な猫になってしまった少年ピーターと、人間に捨てられ人間を憎んでいる雌の野良猫ジェニィの、恋と冒険の物語。大人の童話♪ 結構ながーーーーーーいお話。体は猫なのに心は少年のままなピーターが、ジェニィに猫としての生き方や習慣を教えてもらう様子が、楽しい♪のっぴきならない事態や悲しい出来事を寄り添いあって乗り越えていく二匹の姿が、微笑ましい♪寄り添える誰かがいる...

… 続きを読む

2009-02-08 (Sun)

カモメに飛ぶことを教えた猫

カモメに飛ぶことを教えた猫

著者 : ルイス・セプルベダ / 白水社臨終のカモメに三つの約束を誓った、優しく気高い港の黒猫ゾルバのお話♪「卵は食べないこと」。「ひなが生まれるまで、その卵のめんどうをみること」。「ひなに飛ぶことを教えること」。それが、ゾルバが誓った三つの約束。。。猫にとっては難しいことだけれど、でも、「港の猫に、二言はない」。ゾルバと仲間たちは、港の猫の名誉にかけて、約束を果たすために奮闘する!卵を抱き、生まれたひ...

… 続きを読む

No title * by aya
この話大好きです!!
今度英語の弁論大会でこのお話を読みます
話の内容がわからない人にも表現を使って
ゾルバの世界を楽しんでもらいたいです♪

Comment-close▲

2008-12-18 (Thu)

吟遊詩人ビードルの物語

吟遊詩人ビードルの物語

著者 : J・K・ローリング / 静山社ハリー・ポッターシリーズを全巻読んだ人なら知っているはずの本。最終巻でダンブルドア教授がハーマイオニーに贈った『吟遊詩人ビードルの物語』。魔法界のおとぎ話が5編収録されています。ダンブルドア教授の解説付き♪(^^)『毛だらけ心臓の魔法戦士』のおとぎ話らしい残酷さも結構好きだけれど、やっぱり『三人兄弟の物語』が私は一番好きかな♪と思った。生と死についての大切なメッセージがこ...

… 続きを読む