Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › Category - オリヴァー・サックス
2016-12-21 (Wed)

道程 オリヴァー・サックス自伝

道程 オリヴァー・サックス自伝

著者 : オリヴァー・サックス / 早川書房脳神経科医で作家のオリヴァー・サックス博士の自叙伝。生前最後の著作。面白かったー♪バイクも、ウェイトリフティングも、医師としての仕事も、覚醒剤も、執筆も、どんなことも、本当にやりすぎてた。子どもの頃通知表に「サックスはやりすぎなければ成功する」と書かれていた通りに。その強烈な熱意は大人になっても消えることなく、サックス博士は生涯、止まらずに走り続けた。。。35年...

… 続きを読む

2016-09-21 (Wed)

サックス先生、最後の言葉

サックス先生、最後の言葉

著者 : オリヴァー・サックス / 早川書房脳神経科医で作家のオリヴァー・サックス先生の、死と向き合って書かれた人生最後の4つのエッセイ。亡くなられてから、もう1年も経つんだね。。。大好きな元素と周期表の話の中で、金属と鉱物のことを「小さな永遠の象徴」と表現されていたのが印象的だった。末期癌であることも性的指向についても率直に公表した後の、「心のうちに秘密を抱える後ろめたさなしに、世間と堂々と向き合えた...

… 続きを読む

2012-02-02 (Thu)

心の視力 脳神経科医と失われた知覚の世界

心の視力 脳神経科医と失われた知覚の世界

著者 : オリヴァー・サックス / 早川書房『レナードの朝』の作者として有名な脳神経学者、オリヴァー・サックス博士の医学エッセイ最新作。“知覚に障害を負ったとき、人は、脳と心は、どのように適応していくのか”というお話。目には何の問題もないのに楽譜が読めなくなったピアニストや文字が読めなくなった小説家の話(視覚失認症)、言葉を失った老婦人の話(失語症)、人の顔が識別できない相貌失認症について(サックス博士は...

… 続きを読む

No title * by タッキー@自己啓発&感動大好き
「レナードの朝」大好きです。
オリヴァー・サックス博士ご自身の闘病記録も興味がひかれますね。

Comment-close▲

2010-11-05 (Fri)

タングステンおじさん 化学と過ごした私の少年時代

タングステンおじさん 化学と過ごした私の少年時代

著者 : オリヴァー・サックス / 早川書房『レナードの朝』などの医学エッセイで有名な脳神経科医、オリヴァー・サックス博士の自伝的エッセイ。少年時代と化学のお話。これ、めちゃめちゃ面白い♪元素の周期表、懐かしい~♪化学に夢中になっていたサックス博士の少年時代の思い出を辿りながら、化学の知識や歴史まで学べちゃう。私は化学はあんまり得意じゃなかったけれど、興味深く、楽しく読みました。サックス博士は豊かな子ども...

… 続きを読む

2010-09-17 (Fri)

音楽嗜好症 脳神経科医と音楽に憑かれた人々

音楽嗜好症 脳神経科医と音楽に憑かれた人々

著者 : オリヴァー・サックス / 早川書房『レナードの朝』の作者として有名な神経学者、オリヴァー・サックス博士の医学エッセイ。脳と音楽についての考察。落雷による臨死体験がきっかけでピアノ演奏や音楽創作にのめり込むようになった医師の話、音楽が引き金となる癲癇発作のこと、頭の中で鳴り続ける音楽幻聴、音楽サヴァン症候群や共感覚、トゥレット症候群・ウィリアムズ症候群の人々と音楽の関係、音楽家のジストニー、音楽...

… 続きを読む

2008-06-22 (Sun)

レナードの朝

レナードの朝

著者 : オリヴァー・サックス / 早川書房嗜眠性脳炎後遺症患者20人の症例報告。新薬L-DOPAの効果と、副作用による試練。。。人生について、病気について、病気との共存について、絆や愛について、本質的なことについて等、色々なことを深く考えさせられました。これは症例報告だけれど、でも、サックス博士の眼差しはとても温かい。博士は病気や障害にではなく、人間と向き合う。本当に大切なことは何かを、ちゃんと知ってる。私は...

… 続きを読む

2007-08-24 (Fri)

妻を帽子とまちがえた男

妻を帽子とまちがえた男

著者 : オリバー・サックス / 晶文社サックス博士のメディカル・エッセイ。脳に障害を持つ24人の患者さんたちの、魂の物語。病気や障害におかされても、人は常に反発し、アイデンティティを守ろう、取り戻そうと戦い続ける・・。切なさもあるけれど、病気も人生の一部、障害もひとつの個性なんだ、ということを改めて強く思いました。病気や障害なんかで人間の尊厳は損なわれない。うん。。。「生きる力、生き残りたいという意志、...

… 続きを読む

2007-08-15 (Wed)

火星の人類学者 脳神経科医と7人の奇妙な患者

火星の人類学者 脳神経科医と7人の奇妙な患者

著者 : オリヴァー・サックス / 早川書房私がオリヴァー・サックス博士のことを知ったのは、映画『レナードの朝』を観て。その後、博士の本を何冊か買い込んだものの、いつものクセで、それらの本はずっと未読の本の山の中で眠ったままに・・。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・今回、やっと引きずり出してきて、とりあえず1冊、読んだ。この本には、脳に障害のある7人の患者さんの物語が収められています。どの患者さんのお話も興味深かったけ...

… 続きを読む

No title * by 一語で検索
トゥレット症候群

トゥレット症候群での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。

No title * by レット症候群
レット症候群

レット症候群とは、女児のみに起こる進行性の神経疾患で、知能や言語・運動能力が遅れ、常に手をもむような...

Comment-close▲