Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › Category - リチャード・バック
2014-07-17 (Thu)

かもめのジョナサン完成版

かもめのジョナサン完成版

著者 : リチャード・バック / 新潮社『かもめのジョナサン』は、今の私があるための大切な大切な1冊。何度読み返したかわからないくらい、大好きな本。“奇跡の最終章”が加わって、完成版としてジョナサンが帰ってきた♪最終章に書かれていることと似たようなことを、別の著作でも書いていたような気がする。『ONE』だったかな。だから、それほど“驚くような内容”ってわけではなかった。うん。残念な現実と、希望♪何度でも何度でも...

… 続きを読む

2013-10-10 (Thu)

ヒプノタイジング・マリア

ヒプノタイジング・マリア

著者 : リチャード・バック / めるくまーる『かもめのジョナサン』の著者リチャード・バックさんの最新作♪あっという間に読んじゃった。じいさんになっても相変わらず青いなぁ♪素敵だなぁ♪と、思った。変わらずに同じメッセージを発し続けてくれる。それが、本当に嬉しい♪きっと彼は飛び続けるんだろうね。あの空を。去年、自家用機を操縦中に墜落事故を起こし重傷を負っというニュースを見たときには、本当に驚いたけれど。訳者あ...

… 続きを読む

2011-07-11 (Mon)

かもめのジョナサン

かもめのジョナサン

著者 : リチャード・バック / 新潮文庫何度読み返したかわからないくらい大好きな本。今の私があるための、大切な大切な1冊♪初めて手に取ったのは20歳の時。自分の生き方にたくさん迷いがあった頃。この本に出逢えたことで、迷いから抜け出せた。背中をポンと押されたような気持ちがした。小さな水たまりで溺れかけてた私を、救ってくれた。挫けてしまいそうな時、何度もこの本を読み返して勇気をもらった。出逢えたことを、とて...

… 続きを読む

2007-10-31 (Wed)

かもめのジョナサン

かもめのジョナサン

なぜか突然、どうしても『かもめのジョナサン』が読みたくなって、本棚から引きずり出してきた。この本を初めて手に取ったのは20歳の時。出逢えたことが、本当に嬉しかった。。。 当時夢中になって読んだ他の本は、『ライ麦畑でつかまえて』だったり、『ある革命家の手記』だったり・・で。あの頃の私は、なんだかホント、しょうもないガキだった。今でも相変わらず青くてバカっぽいままだけど・・さ。^-^; 『かもめのジョナサン...

… 続きを読む

2005-07-31 (Sun)

イリュージョン

イリュージョン

著者 : リチャード・バック / 集英社これはとても不思議な物語。おかしな救世主とヒコーキ野郎の・・・。そしてこの本は私に生きる力を与えてくれたの。トゲトゲした心に不思議な安らぎと勇気が湧いてくる本。読みながら何度も何度も涙したよ。ストーリーにではなく、そこに書かれている言葉に・・・。探し求めていた答えにやっと出会えたような気分だった。解説に書かれているリチャード・バック氏の数々の言葉もとても素敵。きっ...

… 続きを読む