Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 読書感想 › 日高敏隆 › セミたちと温暖化
2010-06-28 (Mon)

セミたちと温暖化

159.jpg

著者 : 日高 敏隆 / 新潮社

日本を代表する動物行動学者・日高敏隆さんのエッセイ集です。
自然や人のさまざまなことが綴られています。

動物たちの自意識のこと、里山のこと、モンシロチョウとスジグロシロチョウ、鳥のお話、鳥と昆虫の春の数え方の違い、セミたちと温暖化、カエルとツボカビ症、文系・理系、イリオモテヤマネコのお話等、とても興味深く読みました。
「なぜ?」がたくさん詰まっていて、面白かったです♪

日高先生は、好奇心のかたまり♪
日高先生の、柔らかな語り口や生き物たちに向けられる温かな眼差しが、好きだった。
読み終わって、寂しく思った。
日高先生、昨年の秋にお亡くなりになったんだよね。。。

みんな、いなくなっちゃう・・。
永遠の命なんて誰にもないけれど。でも。
私は今、すごくすご~く、寂しい。。。


関連記事



タグ: 日高敏隆  自然  動物  昆虫 

Comment







管理者にだけ表示を許可