Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 読書感想 › 日高敏隆 › 動物と人間の世界認識
2009-05-09 (Sat)

動物と人間の世界認識

161.jpg

著者 : 日高 敏隆 / 筑摩書房

動物や人間がどんな風に世界を認識しているのかというお話。

動物はそれぞれの論理で生きていて、それぞれの動物が、それぞれの世界を構築してる。
何を知覚するか、何に意味を与えているかで、見える世界は変わってしまう。
同じ野原でも、人間の見ている野原と蝶たちが見ている野原は同じじゃないんだよね。
客観的な世界なんて、どこにも存在しない。。。

モンシロチョウのお話も興味深かったけれど、ご自宅で飼われている猫ちゃんたちでされた実験がすごく面白かったです。
平面的な線画に本当にそんな風に反応するのかな~?と思って・・。
いつか私もやってみたい♪


関連記事



タグ: 日高敏隆  自然  動物  昆虫 

Comment







管理者にだけ表示を許可