08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-02-25 (Wed)
著者 : ジェームズ・ボーエン / 辰巳出版

『ボブという名のストリートキャット』の続編♪
元薬物中毒の路上生活者ジェームズ・ボーエンさんとボブの物語。
本を出版するまでのこと。。。

“お互いを見つけあった”ふたりの絆が、素敵!
病気をしたり、妬みから嫌がらせを受けたり、悪党に襲われたり・・。日々は相変わらず厳しいけれど、でも、ふたりはお互いを守り支え合いながらしっかり前に進んでる。
そこには、“信じる心と希望と愛”がある♪

出逢えて、良かったよね。
お互いをちゃんと見つけあうことができて。
運命的な出逢いって、本当にある。うん。。。

前作の『ボブという名のストリートキャット』は大ベストセラーになって、世界28ヵ国で翻訳されているそう。
長く厳しい薬物依存症の治療も無事終えて、ボーエンさんはクリーンな身体になった。
今はボブと一緒に、動物愛護団体やホームレスの支援もしてる。
ほぼ10年もの間、薬に溺れ路上で生活していた彼が、ボブとの出逢いをきっかけに人生を建て直した。素晴らしい!

ふたりの何気ない日常が微笑ましくて、ほっこりします。
次回作も、楽しみ♪
映画化の企画もあるって、ホントかな?

ふたりの絆は、永遠♪(*'ー'*)


関連記事

タグ: ジェームズ・ボーエン      ボブ 

* Category : ノンフィクション
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する