Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 読書感想 › サイエンス › かぜの科学 もっとも身近な病の生態
2011-02-27 (Sun)

かぜの科学 もっとも身近な病の生態

286.jpg

著者 : ジェニファー・アッカーマン / 早川書房

風邪(普通感冒)のお話。
風邪の原因になるウイルスは200種類以上もあるんだそう。
病原体のこと、感染経路や媒介物、免疫反応について、予防法や対処法、風邪実験の経験談、研究者たちからの研究報告、チキンスープのレシピ等、興味深くて役に立つ情報が満載の楽しい本でした。
とても読みやすくて、サクサク読めます♪

風邪って寒いからひくわけじゃないんだよね。原因はウイルス。
感染しないためには、頻繁かつ入念に手を洗うこと。顔に触らない。
7時間以上しっかり睡眠をとること。
ひいてしまったら、家にいよう!
共感が与えられると、風邪をひいている期間は丸1日減るそうです。
愛情に満ちた看病を受けながらゆっくり休養するのが、風邪には一番いいのかも♪

ロットバート医師の、“真の危険性には慎重になり、そうでないことには惑わされない人になろう”という「分別ある偏執狂」の勧めが印象的でした。
日本のお辞儀を「卓越した感染予防戦略」と呼ぶユーモアも、好き♪


関連記事



タグ:   ジェニファー・アッカーマン  感染症 

Comment







管理者にだけ表示を許可