Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 読書感想 › こころ › “突然の死”とグリーフケア
2008-10-28 (Tue)

“突然の死”とグリーフケア

409.jpg

著者 : アルフォンス・デーケン 柳田 邦男 / 春秋社

“生と死を考えるセミナー”の1995年度「突然の死・心の傷への理解と対応」と、1996年度「遺された人々へのグリーフケア・伴侶を失った後の生き方」の講演記録に加筆編集したもの。
天災や事故、犯罪被害、自殺等で突然に近親者を喪った人の心理状態と、グリーフケアのあり方についてのお話。
アルフォンス・デーケン博士の、“各国における悲嘆教育と悲嘆カウンセリングの実情”のお話が興味深かったです。

教えられることが多く、とても勉強になりました。


関連記事



タグ: アルフォンス・デーケン  柳田邦男  グリーフケア 

Comment







管理者にだけ表示を許可