08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-12-21 (Wed)
著者 : オリヴァー・サックス / 早川書房

脳神経科医で作家のオリヴァー・サックス博士の自叙伝。
生前最後の著作。

面白かったー♪
バイクも、ウェイトリフティングも、医師としての仕事も、覚醒剤も、執筆も、どんなことも、本当にやりすぎてた。
子どもの頃通知表に「サックスはやりすぎなければ成功する」と書かれていた通りに。
その強烈な熱意は大人になっても消えることなく、サックス博士は生涯、止まらずに走り続けた。。。

35年間セックスせずに生きてきて。
70歳を過ぎて恋に落ちて。
告白されて泣いたそう。
そして孤独癖から抜け出した。
この本は、恋人のビリーさんに捧げられたもの。
素敵♪

サックス博士の人生は、とても濃かった。
たくさんの葛藤を抱えていた方だったんだなぁ・・と思った。
だからこその温かさだったんだろうなぁ・・と。
書かずにはいられなかったんだろうなぁ・・と、書くことが本当に好きだったんだなぁ・・と、思った。
サックス博士のことが、今までよりももっとずっと好きになった。
もういないなんて寂しすぎる。。。

この本を遺してくださったことに、感謝します。

写真もたくさん掲載されていて素敵です。
若い頃のサックス博士は超かっちょいいんだよね。マッチョで♪♪♪


関連記事

タグ: オリヴァー・サックス  自伝 

* Category : オリヴァー・サックス
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する