Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 読書感想 › トリイ・ヘイデン › タイガーと呼ばれた子
2010-10-21 (Thu)

タイガーと呼ばれた子

457.jpg

『シーラという子』の続編を再読しようかどうしようか、迷い中。
 
シーラは凄まじい破壊癖と復讐癖のある獣のような女の子だったけれど、
誰もが皆驚くくらいIQの高い(IQ180)、賢い子どもでもあったんだよね。
「キツネを飼いならした男の子のお話(星の王子さま)」が大好きだった。
トリイと出逢って、愛と信頼を知って、シーラは変わった。
精神病院ではなく学校で勉強を続けられることになって、トリイの手を離れた。
続編の『タイガーと呼ばれた子』は、それから7年後のお話。
 
『シーラという子』は、とても感動的なお話だった。ハッピーエンド♪
でも、『タイガーと呼ばれた子』は違う。厳しい現実を突きつけられる。
トリイの困惑や失望や葛藤が正直に書かれていて、大好きだけど。
 
私が今、昔読んだ本ばかりを再読しているのは、
私自身が昔の自分に戻ってしまいそうになっているから。たぶん。
少しずつ懸命に積み上げてきたものが、崩れてしまいそうになってる。
私が、消えてしまいそうになってる。
何もかもが、信じられなくなりつつある。
だけど、踏ん張りたくて。今を通り抜けたくて。
 
何度裏切られようと、受け入れて、信じる。
その強さを、私も持ちたい。
トリイのように。。。


関連記事



タグ: トリイ・ヘイデン  児童虐待      シーラ 

Comment







管理者にだけ表示を許可