Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

TOP >  映画・DVD >  それでも夜は明ける

それでも夜は明ける

518.jpg

『それでも夜は明ける』、観ました。
ある日突然誘拐され、売り飛ばされ、12年間を奴隷として生きたソロモン・ノーサップさんの物語。
実話。。。

なんかもう本当に、とんでもなく重かった。
笑いもなくて、救いもなくて、いたたまれない気持ちになった。
涙すら出ない。
でも、これは“観なくてはいけない映画”だと思った。
誰もが無関係ではいられない、人間の本質が描かれている映画だから。

結局、今も昔も、人間は大して変わってないよね。。。

人としての尊厳を奪うことの残酷さと、もっとしっかり向き合わなければいけないんだと思う。
他の誰でもない私たちひとりひとりが。
“無関心”や“見て見ぬふり”ほど恐ろしいものはない。

ソロモン・ノーサップさんの書いた原作『Twelve Years a Slave』を、読んでみたい。
私が今本当に知りたいのは、ソロモン・ノーサップさんのその後なんだけれど。。。


関連記事



タグ: 実話 

コメント






管理者にだけ表示を許可