Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

TOP >  映画・DVD >  ウォルト・ディズニーの約束

ウォルト・ディズニーの約束

519.jpg

『メリー・ポピンズ』が映画化されたときの実話。
『メリー・ポピンズ』の原作者・トラヴァース婦人のお話。

私は、号泣し通しだった。
ものすごく、いい映画だった。
子ども時代の哀しい記憶が、その後の人生にどんな風に影響を与え、その人を苦しめ続けるのかが、よくわかる。
厳しい子ども時代を生き延びた人なら、きっと、トラヴァース婦人の心に、その哀しみや苦しみに、願いに、寄り添うことができるんじゃないのかな。
ウォルト・ディズニーさんのように。。。

『メリー・ポピンズ』は一度も観たことはないけれど、観てみたいと思った。
観たら、泣いてしまいそう。。。

“バンクス氏”は、救われたよね。。。

本当に、とてもいい映画だった。素晴らしかったです。
お子ちゃま映画ではなく、これはがっつり大人向け♪


関連記事



タグ: ディズニー  トム・ハンクス 

コメント






管理者にだけ表示を許可