ようこそ♪

Love

お返事をすることは稀ですが、コメント・足跡等お気軽にどうぞ愛

管理人の判断で不快・不適当と思われるコメント・トラックバック等は削除させて頂くこともあります。ご了承下さいませ。
ブログ内に掲載されている全ての文章・画像の無許可転載・転用を固く禁止します。

Hiromi@管理人



全記事(数)表示

全タイトルを表示

カテゴリ


検索フォーム


著者 : 伊藤詩織 / 文藝春秋

告発本ではなく、問題提起です。
この本には、怒りや憎しみは籠められてない。
冷静に、そして客観的に、自身が受けたレイプ被害の詳細とその後の経過、レイプ被害者を取り巻く社会の現状と問題点等が綴られています。
詩織さんは本名も公表し、顔も出して訴えてる。
ここまでするのに、どれほどの勇気と覚悟が必要だったろう。。。

これは、あってはいけないことだよね。
こんな風に尊厳を踏みにじられていい人なんて、誰もいない。
だけど「よくあること」で、多くの人がどうすることもできず泣き寝入りしてる。
今のままでいいはずがない。
だいたいさ、レイプ被害者がバッシングされる社会って、どうなの?なんなの?
クソすぎるにも程がある。

レイプ被害に遭ったときにはどうしたらいいのか、参考になることが多く書かれています。
レイプにまつわる誤解や偏見についても書かれてる。
ひとりでも多くの人がこの本を読んでくれたらいいなと、切に思う。
レイプには性別も年齢も外見も関係ない。決して他人事じゃないから。
被害者の痛みや苦しみに寄り添える優しい社会になってほしいから。

それにしても、逮捕状が出たのにどうして直前でストップがかかったんだろうね?
どうして、納得のいく説明がないんだろう?
逃げずに答えてくれたら良かったのにね。中村さん。
山口さんも会見を開いたらいいと思う。ぜひ。

いつか真実が白日の下に晒される日がきますように・・!

納得できないことは、納得しちゃいけない。
沈黙は自分の存在を否定すること。
私は声を上げる人が好きです。戦う人が好き。
詩織さんの強さと行動力に感心する。
この本を書いてくれたことに、感謝する。
ここまで来るのは本当に大変だったろうと思う。
これからの日々も、簡単ではないだろうと思う。
どうか潰されることなく、信念を貫いてください。

変わるといいよね、いろんなことが。変えなきゃね。。。


関連記事

タグ: 伊藤詩織    性暴力 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |