08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2018-01-07 (Sun)
『LION/ライオン~25年目のただいま~』、観ました。
5歳のときに迷子になって家族と生き別れてしまったインドの男の子サルーの物語。実話。
養子に迎えられオーストラリアで暮らしていた彼は、Google Earthを使って生家を探した。
もう一度、母と兄に会うために。

結末はわかっているけど、釘付けになる。
ストリートチルドレンや孤児院での子どもたちの姿に、胸が締め付けられる。
インドでは毎年8万人の子どもが行方不明になるんだとか。。。

孤児院から彼を引き取って育てたオーストラリアのご夫妻が、素晴らしい人たちだった。
子どもに恵まれなかったのではなく、あえて産まないという選択をしたそう。
産まずに、困難な状況にいる子を育てようと決めたそう。
そしてインドから二人の子どもを迎え入れた。

正直、私には実母を探したいという彼の気持ちがイマイチわからなかった。
大切に愛情深く育ててくれた養父母がいるのに、なんで今さら?と。
アイデンティティーの問題かな・・くらいの認識だった。
だけど映画を最後まで観て、思った。
彼を駆り立てたのは、愛された記憶なんだろうなぁと。。。

お母さんは息子が戻ってくることを信じて、ずっと待ってた。
待っててくれる人がいるって、帰れる場所があるって、幸せなことだね。
「ただいま」が言えて、本当に良かった。

お兄ちゃんの話は衝撃的過ぎて、泣く。
タイトルの“LION”の意味は、最後にわかる。
いい映画だった。とても。
子ども時代のサルーを演じている男の子が、とんでもなく可愛いかったです♪


関連記事

タグ: 実話 

* Category : 映画・DVD
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する