Fluffy

想いいろいろ。本や映画の感想などを綴っています。

Top Page › 読書感想 › エッセイ › ボブが教えてくれたこと
2019-08-13 (Tue)

ボブが教えてくれたこと

748.jpg

著者 : ジェームズ・ボーエン / 辰巳出版

『ボブという名のストリートキャット』シリーズ最新刊♪
前2作とはちょっと違う感じの、ジェームズ・ボーエンさんのエッセイ。
猫のボブから学んだ知恵や大切なこと。。。

書かれていることのほぼ全てに同意する。
そして、そのどれもがとても大事なことだったりする。
猫に教えられることって、本当にたくさんある。
ボブのように生きられたら、きっときっと幸せ♪

ボブのただひたすらなボブらしさと、ボーエンさんのボブへの眼差しに、ほっこりします。

「金は人生においてもっとも大切なものを与えてはくれない。そう、金で愛は買えないのだ。東京の一流ホテルで王さまのような食事をしながら、ぼくはボブをぽんぽんと叩いた。通りでの生活に戻ることがあったとしても、ぼくは心豊かに暮らせるだろう。ボブがいっしょにいてくれるかぎり」。

運命的な出逢いって、運命を変える出逢いって、本当にある。本当に。。。
私も、誰かにとってのボブになりたい♪

ボブのお写真いっぱいの、素敵な本でした。
お互いを見つけあった彼らの絆は、永遠♪♪♪


関連記事



タグ: ジェームズ・ボーエン      ボブ    人生 

Comment







管理者にだけ表示を許可